借金専門の法律事務所

このエントリーをはてなブックマークに追加

借金専門の法律事務所

弁護士が増えすぎると当然仕事の奪い合いが始まります。これは弁護士に限った話ではありません。あらゆる世界は供給過剰になると顧客の奪い合いが始まるのです。その代表的な例として債務問題専門の弁護士事務所の誕生があります。

債務問題専門の弁護士が続々都市誕生した背景として、弁護士業自体が食えない職業になっていた事にあります。弁護士はかつて年収も社会的地位も高い職業だったはずなのに、それがいつからか食えない職業にまで落ちていました。そんな中、平成16年1月、過払い金返還請求で消費者金融業の敗訴が確定してからというもの、これまで消費者金融で借入した顧客の過払い金を代わりに返還請求するビジネスがじわりじわりと動き出すようになります。またこの過払い金返還請求は既に完済済みの顧客の金利も借りていた期間を遡って請求することが出来る弁護士にとっては画期的な判決であったため、既に完済済みの人も次々に過払い金の返還を求めるため、弁護士事務所の窓口に来るようになります。

その時代に急成長した弁護士事務所が今、テレビCMなどで頻繁に流れている弁護士事務所であり、主に債務整理を前提とした仕事をシステム化し運営しています。弁護士という職業は本来黙っていてもクライアントが来るようなしごとでありましたが、それがいつからか自ら営業をかけ、窓口を開いていかなくてはならなくなった背景として、すべて増えすぎた弁護士に原因があったのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加