自己破産の前にすべきことがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産の前にすべきことがある

借金相談を弁護士事務所に持ち掛けた際に、簡単に自己破産を口にする人がいますが、これは非常に大きな誤解が根底にあると言わざるを得ません。まず自己破産にはリスクがあります。そして自己破産を認める人がいます。前者のリスクというのは、自己破産が認められた場合、法務省発行の雑誌、官報に氏名住所が載ります。そしてその後10年間は個人信用情報機関に記録されあらゆるローンの新規貸し付けができなくなります。

また自己破産を申し立てしてもそれを認めるかどうかは裁判所の判断です。この裁判所が認めてくれれば免責といってこれまでの借金からは一切解放されることになります。しかし裁判所の判断でそれば認められなかった場合、免責は下りず引き続き借金を支払っていく必要があるのです。つまり自己破産を申し立てするにはそれなりに、事前に知識を付けておく必要があります。そして、しっかりと自己破産のしくみとリスクについて学ぶべきでしょう。

借金整理では自己破産を最も重い債務整理と位置付けています。そしてそのもっともヘビーな法的整理を簡単に認めてくれないのが裁判所なのです。もしこれから自己破産を真剣に検討しているのであれば、どういった場合に自己破産を認めてもらえるのか、そして自己破産以外の債務整理の方法があるのかを弁護士とよく相談しておく必要があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加