債務整理をシステム化

このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理をシステム化

テレビCMなどで頻繁に広告を流している弁護士事務所。その多くが自社で専門のコールセンターを用意しています。そして自社でマニュアルを作成し、多重債務で悩んでいる方々に対してあらゆるケースを想定した電話対応を行い債務整理を行っています。

まず初動で電話で受付を行い、その次に債務軽減する為の法律行為を行うという一連の流はまるでシステム化された債務整理業務であるともいえます。弁護士の債務整理は今や完全にビジネスとなっており、弁護士事務所同士でクライアントを奪い合うまでに成長したビジネス。クライアントも少しでも親身になってくれる弁護士事務所、または1円でも安く債務整理を進めてくれる弁護士の所に集まります。

最も重要になる点として、親身になってくれる弁護士であること、そして債務整理の価格は極力安く上げる事の出来る先が人気です。そのためには言い方は悪いですが、一人のクライアントにあまり時間を割くことは合理的ではなく、1つのレーンに乗り次々と債務整理を進めて行く事で、工程を合理化し時間短縮する事で利益を上げる事ができます。しかし法律実務とは血の通った仕事ですから、あからさまに機械的にやるわけにもいかず、その辺の見極めが難しいところではありますが、今は完全にビジネスになってしまっている以上、弁護士もクライアントに親身になる事よりどんどん捌くことを重視しているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加